女性向け本格オイルマッサージ&性感マッサージセラピスト出張サービスREDの店長ブログです

カップル様への施術

f:id:redrino:20201018224658j:plain

本日のREDはなかなか濃い一日となりました。初めてカップルのお客様のもとへ、男性セラピスト、女性セラピスト、二名がうかがい、お二人に性感マッサージさせていただくという、初の試み。

目的は、それぞれが、別の人間からの行為で感じている様子を見ることで、嫉妬などの新鮮な興奮を呼び寄せ、新たな魅力が発見できるという、オトナで深いテーマをいただいて、何度もメールで情報交換、お客様の望むところを推測し、セラピスト二人と、施術の流れをフォーメーションを組むような感じでイメトレ、研修し、本日に至りました。

結果として、ほぼ、お客様の求めていた形を作り出すことが出来て、満足していただけて、こちらも、心の中でやった!とガッツポーズが出た・・・そんな一日でした。

世の中のカップル、ひとつとして、同じ形の関係性はなく、どれが正しいとか、どれが批判されるべきとかは全くないと私は考えます。そして、何か共有出来る価値観を、継続的に探求していける、高め合えるカップルが、素敵なオトナのカップルだと思います。

それぞれが別の人間によって感じている姿を見る・・・この景色はなかなか作り出せないし、作れたとしても理想の形ではなかったりすることも容易に想像できます。そんなご要望を、私は、ニュートラルな頭で思案、分析し、そこに私たちが提供できるものをうまく入れ込んだ、そんな感じです。実際には現場のセラピストがウイットや遊び心を駆使し、官能的な盛り上がりをうまく作ることが出来ました。

それぞれのお客様の嗜好や性癖に言葉で同調することは簡単ですが、それは全く違うと私は思います。どういうシチュエーションを望まれて、そこに冷静な技術と冷静には見えない熱くて、計算されたエロティックなパフォーマンスをお見せできるか、それがプロだと思っています。
もちろん、同調ではないとわかっても、全くしらけることはない空気を作れたら、こちら側(私と担当のセラピスト)は、お客様以上の達成感や、高揚感、ぶっちゃけたなら、ご一緒にある意味エクスタシーの瞬間を共有できたような感覚になれます。

なので、これからも、いろんなふり幅の広いご要望は、解釈する時間を頂戴して、お客様の想定以上の濃密なお時間を作っていこうと思っております。

カップル様のリクエストお待ちしています。もうすぐメニューにいれていく予定です。

T様、Y様、本日はありがとうございました。

REDの秋!

f:id:redrino:20201018140450j:plain

最近というか、いつもの話ですが、REDは女性向け風俗というよりは、悩み相談?好き勝手なことが言える場所❓的な感じです。

そして、そのふり幅がデカイ!!

男性との経験値が極端に少ないとか、無いに等しいという方への、感じるとはこういうこと・・・といったデリケートなお悩みから、パートナーに感じている姿を見てもらいたいといった、様々なマニアなご依頼、ご相談まで。

どちらかにシフトしきった方がそのジャンルをどんどん深堀り出来るという説のメリットも重々承知ですが、20代から50代位までのリアルな女性の声を聞くためにも、REDは、ふり幅広いまま、このコラムも、今回は誰が対象?と内容ごちゃごちゃのままでいこうと思っています。

広いふり幅をある意味、達観!出来ている環境にいる私としては、多様な個性、みんなそれでいいじゃないとしか言いようがなくなってきます。そして、私も皆様も多分、一般人ですから、少々の不倫位、変態行為位しでかしても、タレントのように、叩かれたり、誹謗中傷されません。

となれば、一般人の多様な個性は、どうすれば、活かされて、本人的に、その恩恵を、相当に受けることが出来るのか・・・。それは、他人に媚びず、他人を攻撃したり、誹謗中傷しない、迷惑をかけない程度に、爪痕を残す以外には結局道はないと、結論付けられてしまいます。

媚びるのも、誹謗中傷も、中身は真逆っぽいですが、自分の個性か、重い気持ちか、自分の正当性か何かを相手に認めてもらいたいための行為。爪痕残すは、相手の反応やダメージは関係なく、ただの自己表現方法のインパクトの度合い。
人間はその爪痕の印象で、その人に惹かれたとか、ドン引いたとか、いろんな関係性がスタートするわけで、こんなに、貴方のことが好きなのにわかってくれないという重い誠意は、爪痕では全くないのですよね。

REDで、本来の自己表現の練習、爪痕を残す練習をしてただければと思っています。そうすれば、媚びず、重くなく、痛くなく、のびのび変態行為も楽しめるし、男性にも女性にものびやかにご自分の個性が伝えられて、女性として、オトナの人間として、一般人ライフを楽しむことが出来るはず。

ふり幅広い、面白い爪痕、REDはずっと募集中です。お待ちしていますね~。

先週末、REDワークショップ開催。

f:id:redrino:20200919125303j:plain

ディープティッシュマッサージと性感マッサージを探求してみました。複数名参加が初!、その参加者が男性、女性、各一名。男性から女性への性感マッサージということをサービスとしているREDですが、どちらからどちらでしたっけ?みたいな、性別なんて乗り越えた?楽しい時間となりました。参加してくださった方々は、私には初対面でしたが、私の突っ込みやいじりに耐えて、熱心に学んでいただきありがとうございました。

 

内容に関しては、マッサージというものを圧ととらえ、その圧の角度、深さなど、様々な要因で、1秒ごとに調整していくもので、ひとつの形、技的な感じで習得しても、それ以上の応用が出来ず、習ったパターン、店のパターン、このマッサージ法のパターンでしか、マッサージが出来ないので、そんな、理論的なところをおさえて、後は、自由に、自由に、楽しく、エロティックにマッサージ実践練習を楽しみました。

 

やわらかいジャンルの代表!?みたいな性感マッサージなのに、REDでは、最初は理論から入るので、戸惑う方も多いはず・・・。ホームページの内容も然り・・・。もっとやわらかくでもいいのでは?でもそこを押さえないとREDではない!この攻防は、REDの永遠のテーマですが、後者の路線は続くことは、決まってはいるので、表現方法を工夫に工夫を重ねる作戦で、これからも面白いテーマのワークショップを発信したいと思っています。

 

で・・・ワークショップ!参加された方の最初の淡い?想像と、実際の内容は、恐ろしく、違っていたと思います。

 

性というベールで覆うテーマのぶっちゃけ具合、本気でエロティック!と現実を忘れるマッサージタイムのそうではない展開・・・。

 

ホームページでは上品に官能の世界を表現している路線なので、余計に衝撃すら覚えたという方もいらっしゃると思います。

 

もっとやわらかくベールで覆う部分も作る、作らない・・・これもREDの永遠のテーマですね~。

 

一応、こんな微妙なさじ加減をテーマのひとつとして、考え続けているREDですが、絶対に関わった人が、もっと内容の濃いところだと思った、そんな感想は一切ないと信じていて、こんな楽しい場所だと思わなかった、と言っていただけることを喜びと考えます。

 

肝心なところをベールで覆っているなんてつまらない、セラピストを薄くカッコいいとうたって宣伝するのも、お客様にお気に入りのセラぴとかってハマらせるのも、超つまらない・・・。REDは本気で楽しみたい、もっともっと深いところを探求したいという方に来ていただきたいですね。

そんな方々が、いい感じに集まってきました。まだまだ企画内容、ありますので、ご期待ください~。

(写真とは絵ずらも空気も全く、違いますが、同じような練習はしっかりしましたよね!)

オトナ女性・・年齢問題 50代の貴方へ

f:id:redrino:20200909222910j:plain

サザエさん、24歳、フネさん52歳、浪平さん、54歳、不倫も熟年離婚も、コロナも災害もない、幸せな、磯野ファミリー。とりあえず、よく登場する磯野ファミリー年齢問題ですが、寿命も全然違っていた時代なので、そこは深掘りしないで、フネさんと同年代RINOが、現代の50代女性を考察してみたいと思います。

 

REDの場ですから、女性として、どんな風に熟していくのか、もしくはいい感じに枯れていけるのか、熟すにしても、枯れるにしてもそこに発生する悲しさ、寂しさ、もしくは、楽しさはどんな感じなのか・・・。実際にホルモンのバランスも十二分に崩れて、心境もさることながら、体調の変化は、いかほど・・・?そんなところを探求、そして、私の場合は、体を張って実況中継していきたいと思っています。

 

が!、そもそも、REDのような特殊な場でないと、こんな話はみじんも出来ないのが現状。表面では、もう面倒だからそんなのいいわ~と(もちろん本気でそう思う人もあって、それはそれでひとつの王道だと)言いつくろって、50代、ずっとオンナでいられるか問題、実情はかすりもしない、ノータッチの女性が余裕で、過半数なんだと思います。

 

そんな方々は、私の推測ですが、子育てがひと段落して、次は孫に注目するとか、趣味を見つけて熱中するとか、食べ歩いたり、旅行に行ったり、退屈しないで、過せるはず。だから、全く、全員が注目しないといけない問題ではないと思います。

 

ただ、ずっと、オンナでいられるかというか、ずっとオンナでいたい問題がひっかかっていて、それを語り合う場もなく、適当なパートナーもいなくて、モヤモヤしている50代は緊急に対策を練る必要があります。急に、マッチングアプリに登録してみても、急に色気ついて、若作りしても、それこそ、女性向け風俗にハマって(沼ってと言うそうですが)みたりしても、それまでの積み上げた経験値が少なかったりすると、しょぼいのに引っかかったり、周りからは、痛い、キモイとしか見えなかったり、ろくでもない結果に終わります。

 

なので、REDでなくても、REDのような探求できそうな場を探すこと、自分の経験値を総動員して、映画とか、小説とかからでも、感性なるものを取り込もうとすること、そして、たった一人でもよいので、(少数に決まっているので)、同調するのではない、本音を語れる同性の友人を見つけること、そんな案外シンプルな作業が、女性としての、かなり後半戦の50代という時期を、彩りのある豊かなものにするための必要事項かなと考えます。

 

50代からは、オトコだけでは、ずっとオンナでいられるか問題を全面解決するのは無理かな・・・というか、楽しさにかけるかな~。オトコもオンナも分け隔てなく、それこそ、周りが重くなったり、胃もたれしたりしないで、そんなテーマを語り合える環境がないとつまらない!これ今日の重要ポイント!とお伝えしたですね。

 

女性にとって、女性向け風俗は、貴重な実践の場です。しかし、欲張りな女性の気持ちは、実践の場と、現状の価値観をわかりあえる環境、両方が欲しがっているはずです。

 

何とか取り込んだ、まあまあ瑞々しい感性と、経過報告出来る友人と、REDのような探求に参考になる場を、総動員、フル活用いたしましょう。減っていく体力、肌の張りつや、増えていくしわや体重等と、必死で戦ってもいきましょう。そんながちゃがちゃな舞台裏を隠してでも、楽しく面白く、ずっとオンナでいられるか問題、探求していきましょう。楽しく探求出来たら、ここでオンナ終了です~という時もきっと楽しいはず!!

 

(20代、30代、40代も私が生きたその時代と、現代のその年代との違いも考慮しながら、楽しく考察してみたいと思います。)

経験豊富エキスパート女性&好奇心ポジティブ女性へ

f:id:redrino:20200830010337j:plain

女性にかかる形容詞多すぎて、どんな女性?ってなりますよね。本日は、新しい発見、経験をしてみたいと思われている女性に向けたテーマにしてみます。

 

酔っ払った時、少々下ネタが発展した時、死ぬまでにやってみたいこと!みたいなテーマで、女子トークしたことがある方はどれくらいいますか?

 

このテーマは、参加メンバーのレベルを観察しながらの発言になるので、(もちろん、レベル超えすぎると、コメントしづらく、引かれてしまいますよね~)お互いのレベルがまあまあ一致していて、のびのび発言出来る女子トークの機会を持てる女性は、それだけで、十分、エキスパートな女性認定!ということになります。

 

ここは、REDの中のレベルや年齢を気にしないでいい場所なので、勝手に私がレベルを決めて、死ぬまでに経験してみたいこと、ぶっちゃけると変態?と呼ばれるのかなと思われることを並べてみたいと思います。

 

ジャンルとしては、SとMの世界的なもの、3Pといった複数がからむもの、かなり年下とか、ドラマティックなストーリーが含まれるワンナイト的なもの・・・、そんなところでよろしいでしょうか。

 

RED主催の私、上記の事案、一応、どれもテキトーに超えてきています。

 

テキトーというのは、現在、どれにものめり込んだりせず、冷静に分析できる状況にあるということです。

 

RED主催のアラフィフおばちゃんの私が言えること、どれも50歳過ぎれば、スタンプカードにスタンプ押してもらった、そんなものですね。

 

これから、そんなことを期待している好奇心女性にアドバイスするなら・・・。そんなチャンスは、急にやってきます。なので、その場面で、恥ずかしい展開や、痛々しい展開にならないために、お相手やその環境などの観察、分析が瞬時に出来ることが大事かな・・・。

 

SとかMの世界では、お仕事にしない限り、女性は、M側担当がほとんどだと思いますが、これも、チャレンジしてみた方なら、絶対そう!と言えるテッパン鉄則があります。S担当の男性が、よほどの知性、器の大きさ、ユーモア、会話の面白さ、奥深さ等が欠落していると、途中で、笑えるような展開になってきます。映画などで観ている分には、興奮できる要素がたくさんあるのですが、いざ、自分が縛られたりしたら、実際には、超興奮の場面なはずが、お腹のお肉が気になってそれどころではなかったり・・・。関西弁とSM的会話は、あまり相性が良くなかったり・・・。

 

複数関連もしかりですね~。この人、今、退屈してる?とか気付いてしまう人にはやっぱり、後で笑えるネタになってしまいますね~。

 

ワンナイト関連は、頻度によって、かなり内容はかわってきますが、長く後に引かない人向き?人生に何回かはいいかもと思われる方は、ワンナイト後の、そのドラマの流れを検証して、いけていたか、やっちまった~かを、冷静に振り返ってみましょうか。

 

私は、様々な変態ちっくな経験をバカにしているのではありません。そんな経験をしてこそ、見えてくることがたくさんあるし、スタンプカードのスタンプは、人生の中の笑える、そしてちょっと愛おしい宝物かもしれません。

 

繰り返しますが、そんなチャンスは急にやってきます。そんな経験ないけど、本当はしてみたいと思われている好奇心女性は、そのチャンスを見逃していると推測します。スタンプ押すか、押さないかは個人の自由ですが、チャンス見逃しはちょっとつまらないかも・・・!まずは、心の中にスタンプカードを持つことが、変態経験スタンプだけでなく、色んな楽しい経験スタンプを増やすコツだと思われます!

 

最後に営業トークですが、REDでは、模擬スタンプカードに様々なご要望に応じた心のスタンプを押すことが出来るセラピスト、取り揃えております。是非何なりと、ご希望、お知らせくださいね。(あくまでも模擬スタンプカードですので、本気のスタンプは、実生活で押してくださいませ~!)

RED研修

f:id:redrino:20200828105915j:plain

 

 

昨日、RED研修、セラピスト トシ、セラピスト コーキ、店長RINO、セラピスト面接からの研修見学の方、総勢4名。

 

テーマ、マッサージの最初をどう優雅にエロティックに始めるか等など。

 

いつもの通り、私、RINOは、ほとんど裸体?で体を張って、集中して、楽しく進められました。

 

REDのマッサージは、オイルマッサージからの性感マッサージ・・・ではありません。

 

マッサージのストローク全てがエロティック、それは、SEXにおける用語に当てはめるのなら前戯?それも、下手な前戯より濃密、下手なSEXよりも感じてしまう・・・そんなところを目指そうということになり、本日も、色んな発見、発展があり、いい感じに仕上がってきましたね~。

 

何よりも、セラピストメンバーが楽しそう!この前戯のような濃密なマッサージは、受けている側だけが心地よいのではなく、施している側、この場合なら、セラピストも同じくらい心地よいはず。

 

それこそがSEXにおいても当たり前と言いたいけれど、なかなか実現しない現状ですよね~。

 

男性にイケているSEXは?といった質問をすれば、必ず、前戯には時間をかけ・・・といったお答えが返ってきますが、よくよく聞いていると、前戯は女性が心地よいタイム、SEX自体は男性が放出に向けて、楽しいタイム的な、心地よいのは順番性?みたいな意図が伝わってきます。

これが、そもそも世のSEXをショボくする原因かも。まあ、このテーマは、今日は置いといて・・・。

 

REDのマッサージは、まだまだこれからも進化を続けていけそうです。私の頭の中で計測不可能!という濃密さの数値をたたき出さない限り!(計測不可能値は、きっと血管などに負担大きすぎますよね~)

 

このマッサージの進化は、ただただ、RINOとセラピストの脳みそがエロティック毒にやられているのではなく、冷静な、女性が求める理想の探求と、マッサージの技術の細かい分析(例えば、手の平で行うストロークでも、手の平の中に、回転軸や、実際にマッサージを一番行っている部分、エロティックを演出している部分と、役割分担があり、それは秒単位で刻々と変わっていることを確認する実践練習)で成り立っており、

そんな冷静さと、客観性からくる分析、観察、探求と、冷静ではない熱い情熱の微妙なバランスで成り立っているREDなのです。(本日、欠席のセラピスト ナツが、一番冷静と熱さのバランスの達人!)

悩めるネガティブ女性へ!

f:id:redrino:20200825123026j:plain

ネガティブであろうが、ポジティブであろうが、悩みが全くない人なんていないと思われるので、このREDの場でのネガティブとくくられる女性は、ずっとずっと、同じような悩みから、抜け出せない女性に焦点をおいてみようかなと思います。そもそも、REDを見つけてしまって、下手をすると、セラピスト呼んでみようかと思っていらっしゃる時点で、かなり、ポジティブ&アクティブ女性だと思われますが、そこは、永遠に解決できない論点なので、置いておきまして・・・。

 

例えば、REDという特殊?な場で、長く引っ張る系のお悩みで、よく出てくる内容・・・。それは、過去、もしくは、最初に近い男性が、色んなポイントで(特に性的な関わりにおいてですが)あまりによろしくなく、それがトラウマという初期のオトコ問題。

 

もちろん、初期のオトコがレイプに近いとかであれば、訴えるべきだったのかどうかなど、具体的に取るべき道は探さないといけないので、悩みなどと悠長に言っている場合ではないですが。でもレイプというほどではない、ショボい、自分本位のオトコだったとしたら・・・。実際には、全女性に近く?、神様が与える?人生経験の一つみたい通る道という現実。

 

こんな書き方をすれば、人の悩みを軽い表現で、冒涜するなという声が聞こえてきます。その通りです。でも、ここは、優しい悩み相談の場所ではなく、欲張りでわがままな女性が集まるREDという特別な場所・・・。

 

なので、炎上!の前に、私なりの結論を述べるなら・・・。悩み続ける人は、誰が何を言おうと悩み続けます。悩みがない~と言っている人より、賢そうですから。(これも炎上!)でも、35歳を超えたら、一旦、冷静に、もしくはこの悩みを他人なら、(知り合いでも、テレビのコメンテーターでも可)どう分析し、解決するか、みしくは、しないかを考えてみましょう。

 

その時に、他人は解決できるけど、私は無理という結論が出たなら、そのまま、持っておきましょう。そして、45歳を過ぎたら、悩める、ネガティブ、等のマイナス的要因を、ミステリアスとかに名称すり替えて魅力にしてしまいましょう。

 

45歳過ぎたら、ポジティブ、ハイテンション、努力家、明るいオバちゃんより、確実にステキに見えます。

 

ただ、45歳過ぎてからの、ここ大事!ポイントは、長く長く持ち続けて、解決無理と位置付けた悩みを、真顔で他人に打ち明けるのは、避けるということ。

 

それは、ミステリアスな悩めるネガティブ女性ではなく、えー年なのに、重たい、ヤバすぎる女性に、即認定されます。重たい・・・とは、無駄に人を巻き込んだ、迷惑としかいいようのない事態・・・。

 

35歳からの45歳が悩めるネガティブ女性の悩める10年と私は位置付けたいと思います。45歳過ぎて、ミステリアスなしっとり魅力的な女性にバージョンアップするか、まだ、未処理の問題を何度も繰り返して、人に相談して、同性も異性も引かせる、承認要求のかたまり的な、悩みという鎧を着た、重たいオンナに昇格するか・・・。

 

重たいオンナは、REDのジャンル分けには存在しないのですよね~。重たく、悩みやストレスの鎧を脱ぐ場所として、REDを利用されても、結局は、メリットはないと思われますので。でも悩むこと、それを解決するより、鎧や重さではなく、内面に深く持っていようと長い時間をかけて結論付けた、超ネガティブな女性は、全く大歓迎!そこの違いは、超重要!、黒板に大きな字で書かれるところでしたね~!

 

*この場での悩みとは、社会や政治や国家のような大きな圧力的な事案ではなく、対人関係を含む、自分に向けた悩みのことです。